「カーフ」という革をご存知でしょうか。

かんたんに説明すると、カーフとは子牛の革のことを言います。
実はカーフにはいくつかの種類があり、それぞれ「輝き」「滑らかさ」が異なります。

本記事では、カーフの種類と各々の特性をご紹介します。

 

カーフとは、「生後6ヶ月以内」の仔牛レザーを言います。

カーフは牛革(カウレザー)の一種です。牛革は、牛さんの年齢によって次のように分類されます。

※ 本サイトでは、レザーを提供してくれる動物たちに敬意を表し、「さん付け」しています。

  • 生後~6ヶ月:カーフレザー
  • 6ヶ月~2年:キップレザー
  • 2年~:カウレザー、ステアハイド等

牛革は、牛さんの年齢によって大きく3種類に分けられます。
若いほど市場の流通量が減りますので、カーフは希少価値が高く、最高級の牛革になります。

注意

生後6ヶ月~2年の牛革を「キップレザー」と言いますが、キップレザーも含めて「カーフレザー」として紹介しているメーカーもあります。厳密には通常のカーフレザーとは異なるため、革財布を購入する際は注意しましょう。

 

カーフの特徴

カーフには、次のような特性・特徴があります。

  • 革のキメが細かい
  • キズが少ない

ヒトに例えると分かりやすいですが、赤ちゃんの肌は大人の肌よりもキメが細かく、キズやシミ等もありませんよね。

牛革もこれと同様で、カーフはキメが細かくキズも少ないのが特長です。

上記の画像は、カーフレザーのアップ写真です。

非常にキメ細やかであり、ヒビ割れ等がなく非常にキレイですね。

このキメ細やかさが、多くの革愛好家から愛される理由の1つです。

 

カーフにも種類がある

生後~6ヶ月までの牛革をカーフと言いますが、その中でもいくつか種類があります。

代表的なカーフの種類は、次のとおりです。

  • 一般的なカーフ
  • ベビーカーフ
  • ボックスカーフ
  • アニリンカーフ

ベビーカーフ

生後~6ヶ月の仔牛レザーをカーフと言いますが、中でも生後~3ヶ月の仔牛レザーを「ベビーカーフ」と言います。

一般的なカーフに比べて流通量が半数程度になるため、カーフの中でも最高級のカーフであると言われています。

上記の画像は、ベビーカーフの皮革写真です。

カーフの良さは「キメ細やかさ」「柔らかさ」ですが、この点が更に強調され、思わず触りたくなるのがベビーカーフの特徴です。

 

ボックスカーフ

カーフには、キメ細かく柔らかい という特徴があります。
しかしその反面「キズが付きやすい」というデメリットもあります。

このデメリットを解消するために開発されたのが、「ボックスカーフ」です。

ボックスカーフとは、「クローム鞣し(なめし)」という加工を施されたカーフを言います。

クロームで加工をすることによって、キズの付きにくい頑丈なコーティングが実現されるため、手入れをせずにカーフを楽しむことができます。

上記の画像は、ボックスカーフの財布写真です。

やや厚めの加工がなされることで 「硬さ」が顔を出すため、この点は好みが分かれるところでしょう。

手入れをせずにガシガシ使いたい人にオススメです。

メモ

なお、「ボックスカーフ」は元々 Carl Freudenberg社(カール・フロイデンベルグ社)の開発したレザーであり、その商品名(固有名詞)が一般に浸透し、ボックスカーフと呼ばれるようになりました。

 

アニリンカーフ

「アニリン」とは、水性染料でレザーに色づけすることを言います。(「染料仕上げ」とも言います。)

仕上げ方法は2種類ある

  • 顔料仕上げ
  • アニリン仕上げ

「顔料仕上げ」が革を厚くコーティングするのに対し、「アニリン仕上げ」は革を薄くコーティングします。

アニリンカーフは、カーフ本来の「キメ細やかさ」「柔らかさ」を失うことなく表現できるため、カーフの良さを最大限に生かした皮革と言えるでしょう。

上記の画像は、アニリンカーフのコインケース写真です。

見た目にも「柔らかさ」が良くわかりますね。

ヒトに例えるならば、厚化粧する必要のない「素肌美人」と表現できるでしょう。

カーフでおすすめの革財布を見る